買取業者はどう選ぶ

車査定

自動車の買い取りサービスとは、乗らなくなった自動車を専門の業者に買い取ってもらう方法です。一般的に中古車として再販売するため、「まだ乗れる」自動車であることが買い取りの条件です。そのため、事故車は買い取ってもらえないと考えられますが、実は事故車でも買い取ってもらうことは可能です。そもそも事故車とは、修復歴のある自動車というのが定義になっています。修復歴とは、自動車のフレーム(骨組み)部分を修理または交換した履歴のことで、例えば車を壁に擦って傷がついたので塗装しなおしただけでは修復歴とは言いません。もちろん事故でフレームが破損して修復が難しい、または修理するほどの価値がある車ではなく廃車にするような自動車も事故車になります。いずれも売却自体は可能ですが、一般的な中古車買取業者よりも廃車買取業者に買い取ってもらうことになるでしょう。廃車買取業者は、文字通り廃車にするような状態の悪い自動車の買い取りを行っているので、中古車買取業者では買い取れない車でも値段を付けることが期待できます。日本では廃車でも海外では需要があるケースもあり、海外需要すらなくても鉄や電気系統などをリサイクルに回すことができるため、そこに価値をつけることができるのです。廃車買取業者も複数あるので、一番高値で買い取ってもらうためには複数社で査定をしてもらうのがいいでしょう。

買い取りのシステム

女性

複数社で仮査定をし、その中から2~3社ピックアップして本査定をしてもらうのがおすすめです。本査定は買取り業者のスタッフが自動車を目視査定し、正確な査定額を提示します。査定自体は無料で行えるので気兼ねなく利用しましょう。売却する業者を決めたら、売買契約書にて買取契約を結びます。用意するべき書類や記載するべき書類等はありますが、基本的には業者の方で必要書類を揃えて、名義変更、自賠責保険の解約・還付、自動車税還付などの手続きをしてもらえます。ただし、サービスの範囲は業者によるところが大きいので契約前に確認しておくことが大切でしょう。また、あとになって本査定額を減額されることはありませんが、これも業者の質によるので注意すべき点ではあります。基本的には中古車でも事故車でも売却の流れに大差はありません。廃車にすれば安くても1万円程度の費用と手間がかかりますが、買取業者に依頼すればお金をもらって処分ができ、手間もかかりません。

広告募集中